明るい!貧乏長屋らいふ

nagayades.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年長屋 失笑率ランキング

  お父さんのための
      長屋ワイドショーもない講座

          2006年失笑率ランキング

【第3位】
クリスマスにはパネトーネ酵母でパネトーネを焼きたい♪
と言っていた長屋。
パネトーネ酵母は、イタリアはアルプス「コモ湖」周辺でしか採れない
酵母菌を、400年かけて種継・凝縮を繰り返してきた
ロマンチック・ストーリーをもつ酵母なんだから~と承知していたが、
もともとは馬の腸内に存在する乳酸菌を
「馬糞」から採集して培養したと知った・・・
なんだかんだ言いながら、長屋は
どっちにしろパネトーネは焼かなかったのね、だった瞬間!

【第2位】
デジタルパーマの割引券を手に、エレガントな自分を夢見る長屋だったが、
鏡に映る己が頭髪のしゃれにならない薄毛~!!に衝撃を受け、
「ハゲが目立たない髪形にしてくださいっ」と頼み込んだ瞬間!

【第1位】
長屋の暖房はホットカーペットだけ。
厚着のウォームビスで地球にやさしい貧乏長屋だわ~
とほくそえみながら自転車をこいでいた寒い冬の朝、
半そで半ズボンで「ガリガリ君」を食べている小学生とすれ違ったっ!!
a0048531_13461250.jpg
きみはE~COだよぉ、だった瞬間!


今年も大変お世話になりました。皆さま、どうぞよいお年を!
[PR]
by nagayades | 2006-12-31 14:20 | よもやま

柚子ジャム&キウイ・アップルジャム

師走だというのに、まだまだ台所で遊んでいる長屋です。
“お勝手”とはよく言ったものだわね。(なんか違う?)
お節料理がつくられる気配は一向にありませぬが・・・
a0048531_19174491.jpg
いただきものの果物でジャムをつくりました。
「柚子ジャム」と「キウイ・アップルジャム」です。

「柚子ジャム」はけーこさんに教わってチャレンジしました。
すりおろしりんごもちょこっと入っています。
蜂蜜と一緒にお湯で割って「柚子茶」にするつもりょ。
これで風邪予防はバッチシね!

「キウイ・アップルジャム」は甘酸っぱくて
ヨーグルトに合うかな。
料理の隠し味に使うのもいいかもしれません。

ほんとうは「りんごジャム」もつくりたかったんだけど、
空き瓶がもうないのょ(ネス○フェの大瓶はごろごろしてるんだけど・・・)
こうなったら塩辛とかなめ茸とか食べまくるしかないっ b(>o<)d
[PR]
by nagayades | 2006-12-28 19:31 | 楽★らく★節約料理

アプッフェルブロート

りんごを1箱いただいたのでつくってみました。
a0048531_22291197.jpg
「アプッフェルブロート」です。
容器の底に、お砂糖をまぶしたりんごとレーズンが
たっぷり敷きつめられています。
甘~いミルクソースもかかっています。

とにかく砂糖とバターがものすごい量なんです!
パンにもフィリングにもソースにも、これでもか、これでもかの砂糖の山。
製造現場を見ているとかなりこわいんだけど、
ま、冬眠前の腹ごしらえ、ってことで(^^;
a0048531_22292537.jpg
焼きたてのあっつあつをお皿に取り分けていただきます。

So~スウィ~~~ト!!

大掃除あとの疲れた体に効くわぁ(あれ?大掃除はしてなかったっけ?)
[PR]
by nagayades | 2006-12-26 22:46 | パン工房

パンリース&ぶどうパン

        Merry Christmas!  

a0048531_9281531.jpg
「パンリース」と「ぶどうパン」を焼きました。
今日、これから教会のクリスマス会に持っていきます☆//
京王線沿線の方はいざ試食へ~!
a0048531_9284712.jpg
「ぶどうパン」は島津睦子先生の本から。
中にレーズンが包まれているのょ。
a0048531_9283193.jpg
「パンリース」もつくってみたかったの♪

先日、子ども向けのクリスマスのお話を聞きました。

…とある村の教会に、一度も鳴ったことのない鐘がありました。
村人が鐘の存在を忘れていたころ、一人のおじいさんが
クリスマスに手製のオルガンを持ってやってきました。
村人はおじいさんのみすぼらしい身なりや不恰好なオルガンを見て
あざけりました。
ところがそのとき、教会の鐘が美しい音色を奏でたのです。
以来、人々はクリスマスになると、次はわれこそ鐘を鳴らさん、と
馳せ参じますが、いくら金銀財宝をささげ持ってきても鐘は鳴りません。

皆が今年も鐘は鳴らない、とあきらめたとき、
突然、村中に美しい鐘の音が響き渡りました。
教会の祭壇には、貧しい身なりの男の子が一人。
彼の手には小さなペンダントがかかげられていました。

両親をなくし、生活に困っていた男の子には、プレゼントできるようなものは
何もありません。でも、とにかくイエス様のお誕生のお祝いに行こう、
と兄とともに教会に向かったのでした。
しかし、兄は途中、雪道で倒れている人を発見し、その人を助けるために
教会へは行けなくなってしまいました。
そして、「これを僕の代わりに持っていって」と託したものが、
お母さんの形見のペンダントだったのです。


―お母さんの形見を・・・というのはちょっと切なくなりますが・・・。

「真心」を贈りたい。
そんな気持ちでクリスマスのパンを焼いてみました♪
[PR]
by nagayades | 2006-12-24 09:54 | パン工房

子どもピザ

a0048531_1831872.jpg
電車太郎のお友だちをお預かりしました。
お昼の「ピザ」を自分たちで作ってもらいました。
生地をこねたりのばしたり。
トッピングを切ったり並べたり。
とっても楽しんでつくりました。

長屋では電車太郎の4歳の誕生日にマイ包丁をプレゼントして
危なくない包丁の使い方を教えたり、
2、3歳のときから自分のお弁当箱は自分で洗うように
教えています。
もちろん、大人がしっかりついて安全を確保しています。

今日のピザづくりでも、使った道具は自分たちで
洗わせました。

一方で、お友達のお母さんは「けがしないか心配だわ」と言っていて、
他のうちではどうなんだろう~?と思って少々疲れてしまいました(T_T)
[PR]
by nagayades | 2006-12-18 18:37 | パン工房

桜えびのふわふわ食パン

a0048531_11331718.jpg
「桜えびの食パン」を焼きました。
ふんわりしっとりした食パンのなかに、
香ばしい桜えびが踊っていますよ~♪

どっか~んと2斤型。
クリスマス、年末が近づくにつれ、なにかと気忙しいので
まとめてつくっておきました。
といっても、2、3日でなくなるんだろうけど(^^;

2次発酵の途中でちびっ子たちをお風呂に入れたので
パンは型よりもはるかに高く上に伸び上がり、
過発酵ボーダーライン・・・
切り口には桜色の渦巻きが美しく浮かび上がる予定だったのが
目立つのは空洞だけぇぇぇぇぇ。
側面の焼き色も、毎度ながらいまひとつぅぅぅぅぅ。

来年はパン習いたいな。
[PR]
by nagayades | 2006-12-14 12:37 | パン工房

ほうれん草と桜えびのイタリアンサラダ

たまにはお粥もいいですねぇ。
おいしくて、何日食べても飽きませんでしたょ。
香港などは朝食といえばお粥ですもんね。
少量のお米でお腹がいっぱいになるので、病人にはもとより、
ダイエット中の方やビンボー人にも優しい料理と言えるでしょう。

快腸宣言の出た長屋では、久々のつるつるを食しました。

a0048531_2256132.jpg
「たらこと舞茸の和風スパゲッティ」
「ほうれん草と桜えびのイタリアンサラダ」です。

サラダには、オリーブオイルとレモン果汁(ポッカレモン)を
かけただけ。ポッカレモンが一瓶あると、重宝するわ^^
桜えびのマイルドな塩味がアクセントょ。
[PR]
by nagayades | 2006-12-12 23:10 | 楽★らく★節約料理

いま流行りの…

いま話題の―
いま流行りの―
ノロウィルスが長屋におでましになったーーーっ!!!

電車太郎 …吐き気
妹子    …下痢
わたし   …発熱
オット    …↑全症状

具合の悪い電車太郎と妹子の世話でばたばたと
午前中を過ごしている間、
なんか調子でないな~、まさかわたしまで?まさかね!
と思って熱を測ったら38度。
熱に強い体質なので気がつかなんだょ。

オットが病院の帰りに気をきかせて食糧を買ってきてくれたが…
春巻き、カツサンド、おいなりさん…
んな油っこいもの食べたらお腹にくるよーーーっ、つうのっ!

a0048531_2092011.jpg
やっぱり「お粥」でしょ♪
桜えびととき卵とゆがいた大根の葉っぱをトッピング。
ノロ3人組、そりゃぁ、たんと食べましたとも!

             もう元気です(*^o^*)
[PR]
by nagayades | 2006-12-10 20:28 | 家族

アールグレイのティブレッド

紅茶の香りがいまひとつだった「ロイヤルミルクティブレッド」
リベンジです。
a0048531_2163326.jpg
「アールグレイのティブレッド」をつくりました。

さえらさんのアドバイスどおり、アールグレイを使い、
煮出した紅茶でパンをこね、すりこぎで粉砕した茶葉も
練りこみました。
香りはgoodですよ~☆
やっと「ティブレッド」らしくなりました^^

ヨーグルトのおまけの砂糖をレモン汁で溶いた
フォンダンをたっぷりかけて。
なんかレモンティみたいね。

前回は牛乳で茶葉を煮出したのですが、今回はアールグレイなので
牛乳はやめました。合わないかな、と思って。
油脂も、前回はバターを使ったのですが、今回は
茶葉の香りを邪魔しないように菜種油にしました。

それがよくなかったのかも。
前回はふんわりソフトに焼きあがったのが、
今回はもっちりパンになりました。
菓子パンはふわふわがいい~!

幼稚園のお迎えの時間が迫り、焦れば焦るほど
形は不細工になっていったぁぁ。

こんなパンながら園母の集いに持参してしまった…
形はともかく、食べてみてパンがふわふわじゃないことにショック…

こりゃ、再々リベンジだね。
[PR]
by nagayades | 2006-12-07 21:25 | パン工房

パネトーネマザーのもっちり食パン

a0048531_1822176.jpg
お友だちにいただいたパネトーネマザー粉末でつくった
「山型食パン」です。

パネトーネマザー粉末というのは、
「イタリアはアルプスの湖「コモ湖」周辺でしか採れない特殊な酵母菌を、
400年かけて少しずつ種継・凝縮を繰り返して
現在まで引き継がれたものを粉末化」したものに、
「発酵を助けるために酵母(フェルミパン)が約20%添加され」て
いるものです。 ※「 」内、お菓子材料の店クオカさんHP抜粋

クリスマスに食べる発酵菓子「パネトーネ」はこの時期、
パン屋さんやお菓子屋さんで見かけますね。
ラム酒漬けのドライフルーツなどが入った
牛乳、バター、卵、砂糖たっぷりのリッチなパンです。
大きなマフィン型をしていることが多いかな。
ヒルトンで食べたパネトーネは口の中でほろほろっと溶けました♪

素敵な物語のあるパネトーネ酵母を使って焼いた食パン、
軽くトーストして食べるのがおいしいです。
クラスト(皮)はさくっとして、クラム(中)はもっちり。

今年のクリスマスには、この酵母を使って「パネトーネ」を
焼いてみたいけれど、クオカさんのHPを見たら難しそぅぅ。
最近、パンを焼けば焼くほど、「こりゃだめだな~」と肩を落とす長屋。
でも物好きな性分、失敗覚悟でチャレンジしちゃう気がする!ね?
[PR]
by nagayades | 2006-12-06 18:56 | パン工房
line

ようこそ長屋へ!焼きたてパンと楽★らく節約料理をお届けしま~す。


by nagayades
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30